開催概要

開催日時
2019年2月16日(土)
10:00-16:00 / 16:45から情報交換会(同会場内)

会場
静岡県コンベンションアーツセンター 「グランシップ」
〒422-8019 静岡市駿河区東静岡二丁目3番1号
TEL 054-203-5710(代表)

主催
Shizuoka catheter INtervention Group Live 研究会
(事務局 浜松医科大学附属病院内)

取得可能単位 - 日本心血管インターベンション治療学会(CVIT) 専門医認定医資格更新単位 (1点)
- 心血管インターベンション技師制度(ITE)更新単位5点
- インターベンションエキスパートナース(INE)更新単位(5単位)
  *演題発表もINE更新認定単位として認められ、共同演者も対象となります。
お問い合わせ先
SING Live研究会連絡事務局

オーベン株式会社
東京都港区南青山3−10−41
TEL : 03-3588-8873
FAX : 03-3588-8874
MAIL : scs-secretariat@oben.co.jp

取得可能単位 - 日本心血管インターベンション治療学会(CVIT) 専門医認定医資格更新単位 (1点)
- 心血管インターベンション技師制度(ITE)更新単位5点
- インターベンションエキスパートナース(INE)更新単位(5単位)
  *演題発表もINE更新認定単位として認められ、共同演者も対象となります。

代表世話人

小野寺 知哉
(静岡市立静岡病院)

世話人

前川 裕一郎
(浜松医科大学医学部附属病院)

事務局長

大谷 速人
(浜松医科大学医学部附属病院)

ファカルティ

医師名 施設名
青山 武 市立島田市民病院
岡田 尚之 社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷浜松病院
荻田 学 学校法人順天堂 順天堂大学医学部附属静岡病院
川口 由高 社会福祉法人 聖隷福祉事業団 医療保護施設・地域医療支援病院 総合病院 聖隷三方原病院
小林 正和 浜松医療センター
齊藤 岳児 浜松医科大学医学部附属病院
諏訪 哲 学校法人順天堂 順天堂大学医学部附属静岡病院
多田 朋弥 地方独立行政法人 静岡県立病院機構 静岡県立総合病院
樽谷 康弘 医療法人社団宏和会 岡村記念病院
俵原 敬 日本赤十字社 浜松赤十字病院
冨永 宏睦 菊川市立総合病院
保坂 文駿 医療法人社団宏和会 岡村記念病院
待井 将志 JA静岡厚生連遠州病院
松永 正紀 磐田市立総合病院
村田 耕一郎 地方独立行政法人 静岡市立静岡病院
森川 修司 掛川市・袋井市病院企業団立中東遠総合医療センター
山田 実 社会福祉法人恩賜財団済生会支部静岡県済生会 静岡済生会総合病院
若原 伸行 富士宮市立病院
渡邊 明規 藤枝市立総合病院

SING LIVE タイムスケジュール

第1会場

第2会場

10:00 開会ご挨拶
10:05 - 11:00
ビデオライブ1

テーマ:「LMT bifurcation, Calcified lesion」

共催:アボットバスキュラージャパン株式会社

【第1会場】

座長:
森川 修司(中東遠総合医療センター)
茂木 聡(浜松医科大学医学部附属病院)
演者:
樽谷 康弘(岡村記念病院)
ご意見番:
渡邊 明規(藤枝市立総合病院)
コメンテーター:
水野 侯人(磐田市立総合病院)
梶原 淳(富士宮市立病院)
神田 貴弘(浜松赤十字病院)
望月 優作(菊川市立総合病院)
小田 敏雅(磐田市立総合病院)
太田 竜右(中東遠総合医療センター)
横谷 知世(静岡済生会総合病院)

【第2会場】

座長:
大坪 健一(磐田市立総合病院)
演者:
島袋 全洋(岡村記念病院)
ご意見番:
荻田 学(順天堂大学医学部附属静岡病院)
コメンテーター:
北條 真由美(富士宮市立病院)
山﨑 千聡(浜松医療センター)
曽根 良介(藤枝市立総合病院)
高橋 やよい(磐田市立総合病院)
中山 真宏(静岡済生会総合病院)
11:00 - 11:20

【第1会場】

スポンサードセッション1

PCI治療と抗血小板療法

座長:
村田 耕一郎(静岡市立静岡病院)
演者:
中澤 学(東海大学医学部内科学系循環器内科)

共催:第一三共株式会社

【第2会場】

スポンサードセッション3

当院カテ室の歩み
ーチーム力を高める看護のかかわりー

座長:
若原 伸行(富士宮市立病院)
演者:
梅木 真理子(横浜市立市民病院)

共催:株式会社島津製作所

11:20 - 12:15
ビデオライブ2

テーマ:PCI(「 複雑病変のストラテジー 」仮)

共催:ボストンサイエンティフィックジャパン株式会社

【第1会場】

座長:
小林 正和(浜松医療センター)
佐藤 照盛(磐田市立総合病院)
演者:
前川 裕一郎(浜松医科大学医学部附属病院)
ご意見番:
俵原 敬(浜松赤十字病院)
コメンテーター:
阿部 信(藤枝市立総合病院)
野中 大史(遠州病院)
中澤 学(東海大学医学部内科学系循環器内科学)
安藤 元素(岡村記念病院)
西川 隆介(静岡県立総合病院)
後藤 雅之(聖隷浜松病院)
國枝 武茂(中東遠総合医療センター)

【第2会場】

座長:
水口 紀隆(岡村記念病院)
演者:
野村 孝之(浜松医科大学医学部附属病院)
ご意見番:
松永 正紀(磐田市立総合病院)
コメンテーター:
酒井 洋和(富士宮市立病院)
吉沢 崇(静岡県立総合病院)
山本 優子(順天堂大学医学部附属静岡病院)
永田 京子(岡村記念病院)
興津 英和(浜松労災病院)
医師コメンテーター:
白井 祐輔(聖隷三方原病院)
12:15 - 13:05

【第1会場】

ランチョンセミナー1
座長:
鈴木 孝彦(豊橋ハートセンター)
前川 裕一郎(浜松医科大学医学部附属病院)
演者:

坂本 篤志(CVPath Institute,Inc.)
実験モデルから見た薬剤溶出ステントの特徴と使い分け

大倉 宏之(岐阜大学附属病院)

共催:アボットバスキュラージャパン株式会社

【第2会場】

ランチョンセミナー2

PCI後の抗凝固療法(仮)

座長:
小野寺 知哉(静岡市立静岡病院)
演者:
平山 篤志(大阪警察病院)

共催:バイエル薬品株式会社

13:05 - 14:00
ビデオライブ3

テーマ:PCI CTO「他院で不成功に終わったRCAおよびLCX 2枝CTO 」

共催:テルモ株式会社

【第1会場】

座長:
露木 義章(島田市民病院)
田村 純(浜松赤十字病院)
演者:
秦 武弘(聖隷浜松病院)
ご意見番:
山田 実(静岡済生会総合病院)
コメンテーター:
影山 茂貴(静岡市立静岡病院)
浅田 紘平(岡村記念病院)
和田 英樹(順天堂大学医学部附属静岡病院)
谷 信彦(岡村記念病院)
大野 嘉寿人(遠州病院)
髙山 洋平(浜松医療センター)
鶴見 尚樹(中東遠総合医療センター)

【第2会場】

座長:
鈴木 誠悟(中東遠総合医療センター)
演者:
神谷 典男(聖隷浜松病院)
ご意見番:
待井 将志(遠州病院)
コメンテーター:
羽田野 直樹(静岡済生会総合病院)
堀 吉孝(静岡市立静岡病院)
松本 美和子(岡村記念病院)
中野 仁(聖隷三方原病院)
医師コメンテーター:
金 史彦(聖隷三方原病院)
14:00 - 14:20

【第1会場】

スポンサードセッション2

POBAの再考
~超圧 balloonの有用性~(仮)~

座長:
保坂 文駿(岡村記念病院)
演者:
曽我 芳光(小倉記念病院)

共催:株式会社カネカメディックス

【第2会場】

スポンサードセッション4

Opto Wire について(仮)

座長:
岡田 尚之(聖隷浜松病院)
演者:
谷垣 徹(岐阜ハートセンター)

共催:日本ライフライン株式会社

14:20 - 15:10

【第1会場】

アフタヌーンセミナー1

チカグレロルのメリット・デメリットを斬る(仮)

座長:
諏訪 哲(順天堂大学医学部附属静岡病院)
演者:
田邉 健吾(三井記念病院)

共催:アストラゼネカ株式会社

【第2会場】

アフタヌーンセミナー2

放射線被曝とシーメンス製アンギオ装置の新機能(仮)

座長:
堀 吉孝(静岡市立静岡病院)
演者:
山口 祐樹(静岡市立静岡病院)
調整中(関東労災病院)

共催:シーメンス株式会社

15:10 - 16:00
ビデオライブ4

テーマ:TAVI

共催:エドワーズライフサイエンス株式会社

【第1会場】

座長:
多田 朋弥(静岡県立総合病院)
磯村 大地(聖隷浜松病院)
演者:
村田 耕一郎(静岡市立静岡病院)
ご意見番:
大谷 速人(浜松医科大学医学部附属病院)
コメンテーター:
佐藤 亮太(浜松医科大学医学部附属病院)
宮島 圭祐(聖隷三方原病院)
西川 隆介(静岡県立総合病院)
冨永 宏睦(菊川市立総合病院)
齋藤 秀輝(聖隷浜松病院)

【第2会場】

座長:
富田 淳哉(静岡県立総合病院)
演者:
内藤 豊貴(静岡市立静岡病院)
ご意見番:
川口 由高(聖隷三方原病院)
コメンテーター:
加茂 嗣典(浜松医科大学医学部附属病院)
大隅 佑介(聖隷三方原病院)
松井 隆之(聖隷浜松病院)
調整中 (静岡市立静岡病院)
医師コメンテーター:
齊藤 岳児(浜松医科大学医学部附属病院)
16:00 - 16:30
特別講演

教育セッション
テーマ:私の考えるPCIのAUC(appropriate use criteria)

演者:小野寺 知哉(静岡市立静岡病院)

16:45 情報交換会(10階)


ポスターセッション演題募集

【応募基準】

本研究会では、積極的にコ・メディカルの皆様にご参加頂き、循環器領域に関する活発な討議の場にすることを目的としており以下の要項で募集致いたします。

演題の応募者は、放射線技師、臨床検査技師、臨床工学士、看護師に限定しますが、経験年数は問いません

演題は、循環器領域に関する内容であればテーマの如何は問いません

例として

「カテ室でのコ・メディカルの工夫(患者安全のための工夫、速い進行のための工夫)」

「各社IVUSの比較(コ・メディカルから見た使用のコツ)」

「新しいデバイスでのコ・メディカルの役割」など

 

【応募方法】

下記ボタンから演題・抄録申込書をダウンロードし、抄録用紙に演題名、演者氏名、所属、抄録原稿(400字~800字程度)をご記入の上、下記連絡事務局までe-mailでお送り下さい。尚、演題を受け取り次第、事務局より受領した旨、ご連絡申し上げます。万が一、一週間以内に連絡がない場合は、お手数ですが事務局までご連絡頂ければ幸甚です。

 

【募集数・表彰】

応募演題数は、20演題までとします。応募多数の場合は、世話人・ファカルティにて選出をいたします。

優秀演題は、情報交換会にて表彰をいたします。

 

【締切期日】

2018年 12月14日(金)連絡事務局必着
2019年   1月15日(火)連絡事務局必着
2019年   1月31日  (木)  連絡事務局必着
*受付期間を延長いたしました。

 

【スケジュール】

締め切り後に、ご発表に際してのスライド作成要項、展示、表彰等のスケジュールを個別にご案内させて

いただきます。

 

【連絡事務局】

SING Live研究会事務局連絡事務局 (オーベン株式会社内) 

担当者:武臣祐美

〒107-0062 東京都港区南青山3-10-41

TEL:03-3588-8873     

e-mail:scs-secretariat@oben.co.jp


参加について

本会参加にあたっての事前参加登録はございません。
当日の参加費は下記のとおりです。
             参加費          
医師
2,000円
コメディカル 1,000円
企業 2,000円
学生 無料
企業 2,000円


会場